信州ダチョウ計画は7月10日現在どこまで進んだ?

 

どうも信州ダチョウ計画の齋藤と清水です。

 

7月に入り長野県でも30℃越えの日が多いですが、皆さん夏バテしない様に頑張っていきましょう!

 

7月10日現在の進捗状況は?

 

 

初め、資金0、知識0更に土地も資材もない状態からスタートさせました。

 

スタートさせた時期は4月ころだったと思うので既に3ヶ月経ちましたね。

 

この3ヶ月で信州ダチョウ計画はどこまで進んだのか報告したいと思います。

 

ダチョウの飼育には土地が無ければ何もできません。これ当たり前ですね(笑)

 

しかし、土地が無~い。

 

田舎なのですぐ見つかるかと考えていましたが残念!

 

ちなみに広さは1000坪以上あるといいかなと。

 

細かく計算したわけではなく、大体こんなもんかと。

 

知り合いの方から大きめの土地を紹介してもらう話は合ったのですが、なかなか話が進みません。

 

数日前、不動産屋にも声をかけたので少し待つことにします。

 

資金は集まったの?

ダチョウ計画では規模により必要なお金が違いますが、あればあるだけいい。というのはみんな一緒ですよね。

 

現在、計画者の2人は資金0に限りなく近い状態です。ひどい!

 

大雑把な計算ですが1頭のヒナを仕入れるのに1万~1万5千円。

 

餌代が出荷までに4万円。

 

そうすると最低でも土地とヒナ代1万5千円と餌代の4万円で土地プラス5万5千円かかります。

 

1頭で年間5万5千かかり出荷の時に屠畜代2万5千かかり、手元に残るのは2万円くらいです。

 

仕事として計画しているので、年間1頭だけとはいきません。年間200頭以上は管理していきたいんです。

 

200頭だと1頭10万円で売れた場合(安く見積もって)2000万円です。

 

売るまでにかかる費用はヒナ代1万5千、餌4万、屠畜代2万5千円=8万円

 

8万円/1頭なので200頭だと1600万円かかる訳です。この場合手元に残るのは1頭2万円なので400万円になります。

 

大雑把な計算ですが、そんなに間違っていないと思います。

 

精肉の売り方次第で10万円以上いくとのことですが現時点ではそんなことより資金集めが重要ですね。

 

仕入できなければ何にもなりませんから。

 

永くなりましたが、7月現在資金0に近い状態です。

 

資材は?

 

飼育するうえで様々な資材が必要になります。

 

ヒナを育てる保温室だったり柵だったりと。

 

たしか5月の話しです。たまたま通りかかった道で、使われていなそうなビニールハウスを何棟か発見しました。

 

雛用のハウスにしようかと思い、ダメもとで譲ってくださいと交渉にいくと、すんなり頂けることになったんです。ありがたい。

 

感謝しかありません。

 

そのハウスは100坪ほどあり買うと200万~かかるそうです。

 

それが0円で。

 

その他にものうぎょう資材を大量に頂けたので信州ダチョウ計画のために利用させていただく予定です。

 

ではまた。

 

 

 

コメントを残す