長野県でダチョウの飼育に挑戦?きっかけは何?

 

ども齋藤・清水です。

 

2017年ダチョウを愛する二人(過剰に表現しています(笑))が長野県でダチョウを育てようと無計画にスタートさせました。

 

きっかけは?

 

 

きっかけは正直お金がらみです。

 

何も変わらない日常で「なにかお金になる副業はないものか」と誰しもが考えていそうなことをダチョウ計画の2人も考えていました。

 

誰かと似たようなことをやっていてもだめだろうな~とか本業をやりながら空いた時間でできるものは何?とか

 

そもそも資金がないじゃん!

 

とか色々話している中で一人が昔計画していた「ダチョウの飼育」を思い出しました。

 

ダチョウ計画を話してみると楽しそう!やるか!みたいなノリでスタートしたのがきっかけです。

 

経験0、資金0

 

何もわからない状態でのスタートです。

 

ダチョウで儲かるの?

 

もともとが「稼ぐ」という部分からダチョウ計画が始まったので稼げなければやる意味がないわけです。

 

実際どのくらい儲かるの?ってわけですが

 

ダチョウ1頭を出荷できるまでに1年かかり、餌代は1年で4万~5万円の計算です。

 

ちなみに色々な施設、協会、書籍等からの情報を元に素人計算した数値です。(笑)

 

ダチョウを精肉として出荷した場合1頭10万~でした。

 

1年で出荷でき、エサ代が多くても5万円。

 

肉にすると10万以上。

 

屠畜に2万ちょっと。

 

いけそう!

 

頭数を多くすればいけそう!

 

ダチョウ計画の2人は深く考えずに「ノリ」で挑戦します。

 

生き物の飼育は口で言うほど簡単ではないと思いますが。

 

コメントを残す